工作三昧

引越し先にまだ馴染まない。ここが自分のホームだと思えるのはいつぐらいからなんだろう。それか馴染まないと思ってるうちにいつの間にかそうなってるものなのか。

引越す前の部屋では動線が悪いというか妙な引っ掛かりがあって、何をするにもなんか上手く嚙み合わない感じがして面倒くさかった。何度模様替えしてもどこか中途半端になるような、帯に短し襷に長しあっちを叩けばこっちが出っ張る肝心なところで決まらない。そんな部屋に16年も住んでた。引越し先はとにかく古い建物なので少々の不具合や難しいところはあるにしても、だいたい工夫すれば狙いが嵌る。ダメなこともある。照明のリモコンが無線だったりとか。それはともかく今度の風呂場は釜こそ新しいものの前より狭くなったし一般的にはあんまりイケてる設備ではないのに、何故かシンプルに入りやすい。前は風呂に入るのが億劫で仕方なくてセルフネグレクトに片足突っ込んでたのに落差が激しい。ちょっとした配置の違いなのかなんなのかわからんが、デバフのかかる部屋というのもあるのかね。毎日が微妙に快適じゃないというのは積み重なるとけっこう大きいのかもしれない。

それはそれとして、疲れるほど毎週なんかしら工作をしている。こないだはハンガーラックと洗濯機廻りの棚を手持ちの材料で自作し更に洗濯機の上に板を渡して軽いものなら置けるようにしたりトイレの壁のくぼみに適当な板で棚を仕込んだりしていた。前の部屋で使ってたものをバラしたので材料がそこそこあるんだよね。作業に疲れて写真を撮る余裕もないが、簡単にいうと木片を切って穴開けてビス打ち込んで塗装をかけているだけである。これが終わったら半端な木材の在庫を処分したい。古くなって乾燥しちゃって加工するには粘りがなくなってきているし。なんなら仙台から持ってきた木材もまだある。今週末にデスクの材料が来て、一応大物はこれで打ち止めのはず。あ、下駄箱も作んないとないか。集合住宅でどんだけ日曜大工するつもりだ。下駄箱はカラーボックスで代用してるので、それはおいおいだな。そろそろ仕事の現場が始まっちゃうし。

あと食洗器は買ったものの分岐水栓を頼んだとこから到着の返事が来ない。おーい、もう2週間だぞー。できれば年内に稼働させたいんだがな。電話するか‥‥。

いい加減に散髪に行きたいのだがそんなわけで土日が空かない。

快適生活への道は険しい

買った照明のリモコンが315MHz無線式だった。な、なんだってー!? 赤外線じゃないとスマート化できないじゃん…。買う前に確認しろよって話なんだが、部屋の照明のリモコンが電波式だなんて思わないじゃん。ちょっとぐぐってみたけど、住宅用では車庫のシャッターやなんかに多いらしい。屋外だと赤外線が届きにくいってのはあるかもしれん。それにしても、なくはないにしてもちょっと当たりを引いちゃった気がする。さすがに無線から赤外線に変換かけるには知識が足りない。私は電工ではないのだ。これは諦めるか。
スマートリモコンをはじめ、switchbotのガジェットをいくつか導入してみたのだが、先の照明はもうダメだし部屋が違うと赤外線が届かなかったり、使えるかと思った温湿度計がsiriのショートカットでは上手く組み合わせられなくて結局外部のお天気情報から数字を引っ張る羽目になったり、やってみないと分からないことはやっぱり多い。メンテナンス性を考えてむやみにものを増やさない、省略できるところは省略するが信条なんだが、備付け機器類の使い勝手があまりにも悪いのでどうせならプロ目線でとことんやったるわ、ということでスマートリモコンとリモコンスイッチをもうひとつずつ、ボットはあとふたつ追加するかといったところ。ボットはちっちゃいのがウィン!と動いてかわいいな。
ショートカットはif文を入れ子にすればなんでも動くかと思ったら、どうもそのままずらずらと並べることは出来ないらしく途中で弾かれるので、別個に単独のif文のショートカットを作り、さらにそれをまとめるオートメイションを組んだりしている。そのほうが個々の条件の見直しはやりやすいっちゃやりやすいかな。

去年から頓挫していたQOL向上計画が急に復活して、ここ数日でベッドをソファに改造し、カラーボックスをぶった切り、物入の中にハンガーラックを増設し、古いものは切り刻んでゴミに捨て、ジャンジャンバリバリとマキタの丸鋸と電動ドリルを回している。そしてまだまだ終わらないのでぶん回す予定である。ちっこいUSB充電式のオートドライバーが超便利。家の中でちょこっと使うんならこれで充分だなー。あとあそこに棚を作ってあっちに柱を立ててワゴンを何個か導入してと、収納だけでもだいぶ残っているし、夢のひとり用ソファや食洗器もまだ買ってない。というと豪気なようだが、いままでが買わな過ぎたんだよな。もうちょっと快適になってもいいと思うよ。

最近の事情

身内に不幸が出てしばらく浮世から離れていた。ところで去年から引越しのタイミングを見計らっていたのだが待っててもいいときなんて永遠にやってこない。ちゃちゃっと引っ越しちゃおうと実行した次の日に呼び出しがかかるという、ちょ、生前からそういうとこあったけど、ああもう、仕方ないな! ととるものもとりあえず熊に後を託して地面を蹴って常世のとば口に馳せ参じたのだった。とばっちりで忙しい思いをさせた熊よ、すまん。いつもありがとう。
さて行ってみると常世絡みだというのにやることはまさしく浮世のしがらみで、あれやこれや顔色を窺いながら手間仕事を請け負っていたが、現場の端境期に詰め込んだ資格の更新やら申込みも立て込んで、引越しの番狂わせも加わって、あれ、デスマーチは終わったばっかじゃなかったっけ、と遠い目になった。行ってみれば何もできずに待たされ、それがキツくて一度帰ったらやっぱり呼び戻され、高速をひた走る夜空は折しも皆既月食で、こんなときでなければ新居のベランダから呑気に月を眺めていたはずだったのに、やはり天変地異は凶兆の表れなのか。そして改めて故人はつくづくスーパーウーマンだったなと追認し、今まではこういうこともひとりでちゃっちゃか始末していたのだろうなぁと感慨に耽ったのだった。
最優先の常世への行事が滞りなく済んで精神的にも疲れ果ててやっと帰り着いたら、家中にダンボールが山積みで座る場所もなく照明すら取付けていない。かろうじてカーテンは掛かってたし布団を敷ける隙間もあったのがせめてもの救いか。寒々しい部屋の片隅で台所に備付けの白っぽい蛍光灯が煌々と光る中、ガス台に元栓からガスホースを繋ぎ、ひとり用の土鍋に非常用のアルファ米と水道水を注いで火にかけ作った雑炊を啜り込む。腹が温まったところで痛む腰を後ろ手に叩きながらぼちぼちとベッドを改造した座る場所を組み立て、ダンボールの山からコーヒーメーカーを発掘して熱いコーヒーで一服。それからやおら立ち上がり照明を組み立て脚立に上ってシーリングに引っ掛けた。これでお先真っ暗な穴ぐらが立って歩ける場所になった。明るくなると今度は片付いていない箇所が目に付くようになるわけで、だらだらと気の向くまま手を動かしたり座り込んだりして夜を過ごしたのだった。

なんだか疲れて溜息が出る。あのように生きることは到底出来ぬけども、いろんなものを取りこぼし失敗しながら私なりにぼちぼちやっていくしかないのだ。コメント欄は閉じておりますのであしからず。

スマート生活への道程(途中経過)

iPhoneのショートカットの練習がてら、自分の生活に即したショートカットを組んでみている。最初は訳が分からなかったが、既存の見本を解読したりぐぐったりしてなんとなく慣れてきた。
スマートホームを調べたときに各種スマートスピーカーで出来ることという項目で、Siriは「理論上何でも可能」となっていたので逆に手強すぎて難攻不落なんじゃないのと不安になったのだが、実際にやってみるとなるほどそういうことかと思えてきた。if文と変数を駆使して手間を惜しまずアクションを並べたてればどんなものでも組めるっちゃ組めるんだな。中身がスマートかどうかはさておき。ただ幅は広いといってもゼロから書けるわけではないので、出てくる選択肢しか選べない。そのへんがどこまで可能になるのかは実際にスマートリモコンを買って学習させてみないと何とも言えないな。
それはともかく、いつも乗るバスの停留所ごとの接近情報(バス会社のwebサイト)を2か所×往復分で設定した選択肢から呼び出せるようにしてみたり、毎日寝る前に設定する睡眠管理アプリと翌日の目覚ましアラームを平日と週末で種類を変えて決まった時間になると自動で起動するようにしてみたり、レジ前でいつももたもたするのでハナから出すのを諦めているポイントアプリを選択肢から選ぶことで一発で出せるようにしてみたり、2週間使い捨てコンタクトレンズの使用期限を使い初めに1回ポチっとすれば自動でカレンダーへ13日後に通知付きイベントを作成するようにしてみたり。こういう『地味に便利』というのは何を求めているのか自覚するのが難しいが、叶えられると意外に快適である。そしてちょっと弄ってみると「そういえばあれが出来るんじゃないか、これがやれるんじゃないか」とわかるようになっていく。私が苦手な日数や時間のカウントは機械にとってはお手の物だよな。あ、毎月微妙に日付が変わる会社の月イチの行事も選択肢ですぐ作れるようにしとこうかな。
今までも個別のアプリをそれなりに使ってはいたもののイマイチ使いこなせてる感のなかったiPhoneだが、突っ込んでやってみると機能が引き出せることがわかってちょっと嬉しい。あぁー、こういうことかー、いままで宝の持ち腐れだったわー。
あと、Siriは初めて声を登録したときに張り切って「Hey,Siri!!」とやっちゃったのでかなり声を張らないと反応してくれなかったのだが、寝起きの怠いときに登録し直し、もううちのSiriは「ヘイシリ」という名前だと思うことにして「ヘイシリさん?」と声をかけると返事をしてくれるようになった。
こうなってくるとiPhoneは基本的にロックを解除しないとアプリを立ち上げられないので、顔認証できなくなるマスクが邪魔だなー。

映画『RRR アールアールアール』


www.youtube.com

『バーフバリ』シリーズS.S.ラージャマウリ監督待望の最新作である。観ねばなるまい。けど、ちょっと私用で今いろいろ忙しいんだけど! 仕方ないから観るけども!
インド独立活動における英雄二人の友情と葛藤と暴力の話である。熊によるとなんでも二人とも実在の人物なのだそうな。実際には親交はなかったらしいのだが、「もしこの二人が会って友達になっていたら」という歴史上のifを物語にした夢映画なんだとか。かなり縦横無尽で好き勝手に壮大な夢が広がっている。
バーフバリのときもそうだったが、とにかく象徴的な映像、ポーズ、構図を連ねて描写していくので、神話物語のような仕上がりになっている。ようなというか、実際そうなんだろうな。いってみれば歌舞伎の大見得の連続で、自然さとかはない。ないので不自然さというか英雄の超絶技巧とか無茶苦茶なアクションとかに整合性やリアリティを求めてはいけない。むしろ何も考えず超人が炎を纏って大暴れするさまを眺めてスカッとすればいいのである。夜会の会場に猛獣を何頭も解き放つ! ヤッター! でも手なずけてるわけじゃないから自分も猛獣と戦うよ! ヒャッホー!
テンションアゲアゲである。前半まではそのノリで一緒に(心の中で)こぶしを振り上げていたのだが、しかし後半に入ってどんどん話が過激になり、方向的にはおおぅ、ナショナリズム‥‥で、インドって今こういう感じなのか。よその国の方針にケチをつけることもできないけども、これアリなのかーとちょっと吃驚したのだった。まあでもイギリスってこういうことでは怒らなそうではある。世界はちょっと前のグローバリズムの流れからの揺り返しに振れているのかね。

秋の風物詩

今年は作った秋の風物詩。

芋煮はらこ飯2022

最近、野菜を適当に切ってチャック袋にいれて冷凍する技を覚えたのだが、チンして皮剝いて切って冷凍した里芋を芋煮に使ったら溶けた。汁がとろとろになってそれはそれで美味しかったので結果オーライではあった。

冷凍すると白菜は風味が増す気がするし、小松菜も辛みが増す気がするし、イモ類は砕けやすくなるし玉ねぎは何故か火が通りにくくなるような感触がある。料理は調理が食材に与える化学変化の影響を利用してうまいこと美味しくなるように操作するものなので、それに「冷凍する」という現代的なファクターが加わるわけだな。

スマートホームへの道(序盤)

スマートホームしたいんだよね。
狭い我が家でわざわざ手間かけて管理するもんなんてそんなにないと思いつつ、ロボット掃除機を買ってみてちょっとしたことでも代わりにやって貰えると楽なんだなぁというのが実感できたので次は食洗器を絶対買う。食洗器はスマート関係ないけどQOL向上万歳。あと単純にそういうのが好きなのだ。楽しい。
でもお高いんでしょう? と二の足を踏んでいたのだが、調べてみるとそんなんでもないのな。いろいろ揃えてもデスクトップパソコン1台より安い。そりゃそうか、じゃなきゃこのご時勢に普及しないよな。一気に現実味を帯びてきた。
ところでスマートスピーカーってどうなの。虚空に向かって話しかけるのが気分的にちょっとアレ。独り言をもごもごいうのと違って機械にも聞き取れるようにハッキリキッパリ発音しなくてはならないとなると、家の中でそれはなんだか億劫だ。慣れかや。寝起きで滑舌よく「OK,Google!」‥‥うぅん、ムリじゃねか。どうせなら呼びかけが「コンピューター」「マザー」「HALL」だったら気分も乗るかもしれないが、しかしうちのカメ(ロボット掃除機)はGoogleにしか対応してないので「OK,Google!」とやらねばならぬ。音節が長い。とかなんとか考えていたのが事前である。
スマートホームに何を求めるのかで必要なものは違ってくるのだろうが、調べてみると構成要素としてはスマートスピーカーとスマートリモコンのセットのようだな。基本的に赤外線リモコンを使用する機器をまとめ上げるのがスマートリモコン。それに音声での指令を変換して出入力するのがスマートスピーカー。AIが考えたり返事をしたりするのはスピーカーで、音楽を流すのもこれ。スピーカーがUIでリモコンがゲートウェイ、みたいなイメージか。リモコンとスピーカーはWi-Fiを介してクラウド上でやり取りをする。リモコンと末端の機器は赤外線かBluetoothで通信する。だいたいこんなところらしい。
リモコンはいろんなところが出している。揃いのガジェットが豊富なところ、ネットワーク重視で堅牢なセキュリティが売りのところ等々、ぐぐるといくつか出てくるので選べる感じではある。一方でスピーカーの種類はGoogleAmazonが2強で、あとAppleApple? Siriでいけんの?? 「Hey Siri!」ならなんとか頑張れる‥‥かなぁ。なんで「ヘイ」だの「オーケー」だの付けねくてねんだいね。「おい」じゃダメなんか。それか仙台弁話者としては「あれなんだい」でもいいけども。「あれなんだい、茶の間の電気さ点けでけね」うん、スムーズだ。Siriが聞き取れるかどうかは知らん。
ところで現状ではスマートスピーカーといえば音楽サブスクのようで、世の中の人はそんなにのべつ幕なしに音楽が聴きたいのかね。うちの熊が音楽好きなのは特別そういう趣味の人なのでそうなんだなぁとしか思わんのだが、みんながみんなそうなのか。一方で私はずっと音が鳴っていると神経が疲れるので聴くときは聴くが無音がデフォである。喫茶店のBGMくらいならともかく、なんかしら音が鳴っていると気が散ってだんだんイライラしてきて切っちゃうんだよな。同じ理由でつけっぱなしのテレビも苦手なのだ。でもスピーカー電球とかで天井から音が降ってくる感じはちょっと興味をそそられる。
それはともかく、SiriとiPhoneのショートカットをうまく使えば私がやりたいことはスマートスピーカーを新調しなくとも出来るような気がしてきた。気がしてきたので手元のiPhoneでショートカットをちょっと弄ってみたのだが、これが と て も わ か り づ ら い 。うぅん、出来る気がしただけかもしれない‥‥プログラミングというかExcelの関数とかマクロっぽい感じではある。慣れればどうにかなる‥‥かなぁ。てか、スマートスピーカーとiPadProってどっちが頭いいんだろ。iPadProがあるんだからこれにアプリを入れるとかでどうにかならないのかね。なってもいいんじゃないの。いいと思うよ。*1
ま、いいや。やってみてダメそうなら後からスピーカーを追加するとして、とりあえずスマートリモコンを導入してみることにしよう。
あとは何を重視して何を捨てるかだが、前述の通り音楽は後回し。PCにスピーカー繋いでるし、どうしても聴きたきゃ聴ける環境はある。一括操作したいのはまず照明。そしてできれば出先からエアコン操作と風呂の追い炊きをしたい。あと出かけるときの一括シャットダウンと帰宅時の一斉起動。イマドキは照明を含めた家電があれもこれもリモコン操作なのでリモコンを次々持ち替えるのが意外とかったるいのだ。それとカーテンは時間で勝手に開閉してくれるといいよね。夢が広がる。火の元だけは毎回確認しないとダメだろうが、その他の電化製品はきっとどうにかなる。

*1:現時点ではAppleアプリの「ホーム」はHomeKitアクセサリしか操作できず、日本ではこの規格に合致する製品の販売があんまりない。もうすぐAppleもメーカー横断規格のMatter規格に対応するらしい。