自家漢方覚書

自己責任形漢方がよく効いているので自分用にまとめておく。私はだんだん酷くなる不定愁訴に危機感を覚えただけの素人である。自分の身体だから気軽に人体実験しているが、他人のことはわからないので興味がおありなら専門家の門を叩くことをお勧めする。人生とはニッチなものの連続なのである。

もともと背中全体が硬く強張り、全身が重怠く、運動しても疲れるだけでビタイチ改善せず、筋トレもまったく効かないので意味がない、むしろ下手に動くと怪我をしかねないので今は止めとけと整体で言われるような状態だった。しかし肩こり腰痛以外の自覚症状に乏しく、自分でもどこが悪いのか判然としない。それが鍼治療で少し持ち直したお蔭で頭が回るようになってきて、ああ、これはちょっと調子悪いんだなと自覚したので市販の漢方薬を飲み始めた次第である。

年単位で体力が落ちていたのと、鍼の先生に胃が悪いといわれていたので、元気を補う薬のファーストチョイスである補中益気湯を試したところ、身体が温まって腸が動き出した感覚があって良かったのだが、ちょっと血が下がるような貧血っぽいめまいが発生したので人参養栄湯に切り替えたら、とても調子が良くなった。日を追うごとに少しずつ怠さが抜け、肩こりもだんだん改善していった。冷たかったお腹の中も内臓が温泉に浸かっているような心地よさがあり、ドカ喰いもしなくなった。週末はほぼ寝てるだけだったのが、2年ぶりにコンタクトレンズを作りにほいほい出かけるくらいまで回復した。
ところで血液検査だと微妙に水分量が少ないから水分とってね、とお医者さんに言われるのだが、普段から水分はかなりとってるほうである。飲み物だけで1.5~2L/日くらいは飲んでる。食事もスープや鍋なんかの汁物が好きだ。お腹は緩くないし、とった水分はどこへ? むしろ夏場に熱中症予防でがぶ飲みしてるから、それが原因で胃腸が弱っている気がする。てことは水分が必要なところに回らず胃脾でちゃぷちゃぷしてる、いわゆる水帯か。というわけで2週目に五苓散をスポット的に追加投入したところ、これも調子よくて股関節廻りが何か邪魔していたものがなくなったみたいに動かしやすくなった。浮腫みが取れたんかね、見た目は変わらないけど。
しかし人参養栄湯を3週間飲み続けたところで頭打ちとなり、どうしても肋骨下側の重さが抜けない。ふむ、胃は良くなった。次は何だ。漢方では表に出てきた症状をまず改善し、徐々に不調の本体に近づいていくというような考え方があるらしい。するってーと、精神症状はまあストレスは強いんだろうが鬱っぽくはないし、喉に違和感もなく、後鼻漏はあるけどそれより腰廻りの重さと寝るときに足の裏が変に熱くなるのが気になるな。身体の不調を治せば精神的なものは自動的についてきたりするもんだ。健康診断だとコレステロール値が若干高めなんだよね。漢方で対応するのは肝と胆あたりか。高脂血症だと防已黄耆湯だけど、高血圧の人向けなんだよね。私は間違いなく低血圧だし、他の証も合いそうにない。そうすると冷えとかの虚証を何とかする方向かぁ。というわけで迷いに迷った末、杞菊地黄丸を試してみたら、これが当たりであった。ひと晩でうわ凄い、腰廻りが軽い。てか、こんなに軽くなるものだったのか。いままで何だったんだ。ちなみに杞菊地黄丸は飲む目薬といわれるらしいが、今回はみるみるうちに唾液が出て口中が潤った。
正直、こんだけ調子が落ちていれば地黄丸系だったらどれでも効いた気はする。それどころか桂枝系でも柴胡系でも他のものでも、証さえ大きく外さなければ何かしらの効果が見込めたんじゃなかろうか。落ち着いてよく考えてみると、それくらいあっちもこっちも冷えと虚労とストレスの証のオンパレードであった。なんでも「そんなもんか」で済ませていたので自覚は薄かったが、とにかく未病としては酷い状態だったっぽい。
身体が軽くなったら睡眠の質がぐっと良くなって、起きたときに「ああよく寝た」と感じるようになった。凄いなぁ、「寝ると回復する」なんて何年振りだろう。数年前の地獄をみた現場でのストレスと過労で身体が守りに入ったまま休止状態になってたんだろうな。そしてそのまま労働条件の厳しい仕事を続けていたと。薬で休眠してた内臓を叩き起こしたら、物理的にも動かして固まった身体を解さなくてはならんのだろうな。この冬はリハビリである。

半年前の日記

これを書いている現在は2020年5月末である。コロナ疑惑で絶賛引きこもりの真っ最中だ。

世間で外出自粛が本格化し、リモートワークが取り沙汰されていた3月末頃にこんなことを呟いていた。

前からなんとなくTwitterに希望を書くと実現する割合が高い気がしていたのだが、まさかこんなことまで実現するとは思わんかった。そして思ってたんと違う。確かに1ヶ月ほど寝て過ごしたが、そうじゃない。まるでちょっと怖いお稲荷さんの願いの叶え方のようである。

先に断っておくが大した話ではない。しかし個人的にはちょっと珍しいイベントなので何があったか週1ペースで書き留めている。現時点では世間がピリピリしていて何がどう転ぶか分からない雰囲気があるのと、あんまりリアルタイムで生々しい話をしたくないというか、あんまり心配もされたくないので、半年くらい経ってほとぼりが覚めた頃に公開しようと投稿予約をしておく。といっても、過去記事投稿は手動なんだよなー。忘れないようにしないと。

      3週目くらいからタイトルが終わる終わる詐欺になっているのは、当時のまさかそんなに長くかかるとは思ってなかった心理が如実に現れている。

気をつけろ、コロナはしつこいぞ!(確定かよ)

映画:羅小黒戦記


『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』本予告映像

中華アニメである。主人公が猫、話はオーソドックスなものだが、動きがとにかくいい、という前評判だけを確認して観に行ったのである。

海のシーンが好かったな。敵から味方へ変化する下地になるくだりなのでそこそこ長いのだが、子猫がシャーシャーいっていてかわいいし、修業を付けてもらいながらシャーシャーいっているのもかわいいし、海に落ちたり魚を食べたりシャーシャーいっているのがかわいい。無限師匠のとぼけ具合もよかったな。

動きに関しては戦闘シーンは私の衰えた動体視力ではついていけない域に達していた。
元々は中国で人気のウェブアニメらしい。中国国内で人気があっての映画の作成だったので、登場人物も観客側が知っている前提なのかあまり詳しい説明がなかったのだが、大勢に影響はない。

web配信の「罗小黑战记」は以下。
www.bilibili.com

久しぶりに読んだ:独学大全

何度かここにも書いているかもしれないが、ここ数年は本が読めていない。
もともと趣味は読書だったし、はてなダイアリーを始めたころは日記半分、もう半分は読んだ本の記録くらいの気持ちで始めたのだが、2014年くらいから仕事が忙しくなったのを皮切りに、徐々に本を開いても目が滑ってきて、4年前くらいからはほぼ読めていない。忙しいからだけではない。明らかな不調のサインであるのは、なんとなくわかっていた。
それと同時にどうも興味関心が全般的に薄くなっているようだ。何か言葉を書こうとしてもなにも出てこない。真っ白な空白にたじろぐ。やりたいことがあったような気がするけど、自分の中が空っぽで何も思い出せない。何が好きだったのかすら忘れてしまう。忘れてしまうので別に辛くもない。なんかおかしいなぁと思いつつ、さりとて眠れなくなるわけでもなく、食欲が落ちるでもなく、仕事に行けなくなるわけでもない。社会生活上は何も困らないのである。難があるとすれば肩こりがキツくてどんどん太ってくるくらいか。
一応いろいろ工夫はしている。走ってみたり歩いてみたり筋トレしたりストレッチしてみたり、鍼に通って食養生を試したり。身体を動かして頑張る方向の努力は悉く疲れるだけで効果がみられないので、近頃はちゃんちゃんと仕事に行って休んで寝て血を作るような食事を目指している。そうしたらなんとなく頭が動き始めたような感触があった。なんだ、人参か、人参が効くのか。
具体的には急に怒りっぽくなったのである。きっかけがあると急激にイライラが吹き出して異様に怒る。自分の一部が離人してドン引きするくらいの勢いである。これはマズイ。誰かにあたって取り返しのつかないことになる前に自重しよう。
しかし私は知っている。一度無感情に陥ってから回復するときには、負の感情が一番最初に出てくるのだ。大昔に鬱から復活したときも同じことが起きた。無意識に我慢してきたあんなことやこんなことを事細かに発散するのも必要な手順なのだ。そうしているうちに正の感情も出てくる。
そんなときにふと、なんとなく目にとまったこれを読んでみたいと思ったのである。

 

ビジネス書かぁ。あんまり読みつけないけど、まあいいか。せっかく久しぶりに読みたくなったのだ。リハビリ代わりに読んでみよう。
そんな感じで読み始めたら、頭の中に連想の火花が散ってなんだかものすごく懐かしい感覚を思い出したのだ。自分が何にワクワクして、何を知りたかったのか。物事を知ったときのコペルニクス的転回の面白さ。ああこれか、と思ったのだ。とても曖昧で輪郭がはっきりしなくて説明し難いものだが、確かにそこにあって私をよろこばせるものだ。独学者というほど突き詰めたもんではないが、知ることの楽しさが次の面白そうなものを連れてくることは知っている。ただひたすら面白いと思うものは楽しい。
だいぶ厚い1冊なのでピンとこない部分はあったし、とにかく書き出して明文化し目に見えるようにするんだなぁというのが読み終えての正直な感想だ。勉強の仕方も目的も千差万別だし、私の好きなことはお勉強ですらない。しかし内容そのものよりその方向性が見せてくれたもの、それに突き動かされてああ本が読みたいなと胸に熱が点ったような気がした。

しかし今度は忘れないようにマインドマップくらいは書き出しておこうかな。

捻じ曲がっていく我慢

大昔のことだが、思い出してしまったので書いて供養しようと思う。

ホームセンターの工作室を借りて棚を作ったことがある。そこには暇なおっさんがいて、私が板を組み立てていると「どれどれ、やってやるから貸してみな」と親切ごかして手を出してきたのである。

いや待て。わざわざ材料を買って趣味で好きでやってるのに、なんで楽しみを横から掻っ攫われなくてはならんのだ。私は当然断った。あ、結構です、と。そしたらおっさんはカチンときたんだろうね、私の目を盗んでシラ~っと小さいパーツを持っていきやがった。そういうタイプのおっさんの行動原理はなんとなく想像がつく。ゴミ箱を探したら案の定入ってたので普通に拾った。なんなのかと思ったら、スタッフでもなんでもないただの近所のおっさんが、材料も買わずに工作室に入り浸って利用者にああだこうだ口出ししてたらしい。

こういうのを「人の厚意」といわれても困るのだ。そしてここまで極端ではないにしても、世の中にはこの類が「厚意」としてまかり通っている場面はけっこう多い。断るとこの時のように「分からせるために」嫌がらせをされたり、少なくとも「人の厚意を素直に受け取れないへそ曲がり」扱いされたりする。

他人の内面や事情が自分の思い通りじゃないからといって、逆切れするメンタル。おかしくないか。こっちからしてみたらいきなり横槍入れられて邪魔された挙句になんで悪者扱いされなくちゃならんのだ。

という話を人に愚痴ったら、「そういうのをちゃんと断れなくていい顔しといて、こっちに話をもってこられてもね」と言われたことがある。

目が点になった。ここまで捻じ曲がった理論が通用するなら、もう私なんか存在しているからダメなんだってことだわな。こういうのの連続が女の日常である。いうまでもないが男女差あると思うよ。

大昔の話である。我慢するのはとっくにやめていまがある。

 

貰い事故の件数も年齢に反比例して減っていってはいる。が、根本的な部分では何も変わらない。

どうせ話なんか通じない。この世は不条理ホラーなんである。そういう下敷きがあるのでなるべく平易にキッパリハッキリ意思を伝えるようにしているのだが、今度は「強がってる」という曲解が入ってくる。しまいにゃ本人の弁より他人の思い込みの方が正だとゴリ押しされる。ここまでくると訂正する意義すら見出せない。ああ人は信じたいことしか信じないデスネー。こんな細かいことはどうでもいいデスネー。宇宙猫の顔で真理を悟ってしまいそうだ。

 

さて問題です、こういう日常を過ごしていたらどういうメンタルになるでしょうか。

  1. 本当はアバンチュールを楽しみたいけど、イケナイことだから我慢するもん
  2. 四六時中誰かに守られてなきゃ不安!
  3. なにもわかんな~い、えー、男の人ってすごーい!!
  4. 男の人ってバカで可愛い(はぁと)
  5. あの人を怒らせる私のほうが悪いの…

はい、倍率ドン!!!(正解があるとは言ってない)

快楽について考える

昔からふとした拍子にボーっとする癖がある。傍目には目の焦点が合わなくなり、座ったままピタリと動作が止まる。このとき何が起きているのかというと、ほぼ無我の境地に陥っている。頭の芯がじわ~んと痺れて何も考えてないし目を開けたまま何も見えてないし何も聴いていない。だいたい数秒で再起動するので、慣れた友達は「またトリップしてる」などと言って放っておいてくれたのは有難いことだった。このときに無理に呼び戻されたり変に触られたり揺すられたりすると、何か中途半端に戻ってこなくてはならなくて気分が悪くなるのである。

しらんけど、私は脳が多動気味なので、処理が追いつかなくなる前に、自衛のために脳が疲れると勝手に再起動するように回路が出来ているのであろう。生きるための適応というやつである。このとき脳内ではデフォルト・モード・ネットワークが活性化してるとかβ-エンドルフィンやらアドレナリンがどうとか、まあなんか起きているんだろう、しらんけど。本人的な感覚としては「再起動して溜まったバグを流す」「デグラフ(通じるのか?)」「脳の洗濯」だろうか。そして案外気持ちいい。自分の意思ではコントロール出来ないようでいて、その実、座っていて身の危険がないときにしか起きない。安心しているときにしかそういう状態にならんのだろう。横になってるとそのまま本格的に寝てしまうせいか、あんまりならないんだよな。

逆に日常的にこれができなくなるとけっこう辛い。2~3年前から忙しくてドンドコと調子が落ちていった。自分を保てなくなるというのだろうか。厭なことがあると引き摺るほうで、平常心を取り戻すのに時間が掛かる。平常心を取り戻せないとトリップも出来ない。平日の疲れと不条理を癒しトリップして立て直すには時間が足りない。邪魔が入る。そんな日々が続いて、バグがどんどん溜まっていく。こうなるとトリップしたくても時間をとってもうんともすんともいわなくなることを知った。以前は好きだったことをやっても楽しくない。集中できない。本が読めない。工作もなんとなく手癖でいろいろやるけども、どうも上手くまとまらない。やりたいことはあっても具体的にならない。もう食べて寝るくらいしか楽しみがない。

ストレス解消ってのはとどのつまり快楽を浴びて脳の疲れをリセットすることなんだろう。例えばバイクが好きならバイクに跨ってカーブを曲がるときの体重移動で重厚なマシンとの一体感を得るとか、カラオケが好きなら頭を空っぽにして大声を出しリズムと音程で気持ちよくなるとか、バッティングセンターで無心に棒を振り回しボールに叩きつける衝撃を掌に感じるとか、推しで頭をいっぱいにするとか、とにかくなんか無心になって気持ちいいことをする。命の洗濯とはよく言ったものである。

ここで何が難しいかというと、本人が無心になれて気持ちよくならなければストレス解消にはならないということである。やらされてる感があるうちは、何やってもダメの法則はここでも生きてくる。馬を川に連れて行っても、馬自身が飲もうとしなければ水を飲ませられない。つまりなんでも周りから与えられる人生が幸せかというと、そうでもない。簡単に手に入るものは感動も薄いのである。

高校生くらいのころ、なんかもやもやすると近所の有名なケーキ店に行って3つ4つ買い込んで全て一度に食べるというのがスペシャルだった時期がある。普段はやらないことを自分で企画し、他人を気にせずひとりで願望を遂行し満足感を得る。これも快楽の一種だったんだろう。ただケーキが食べたかったのではなくて、準備も含めてぐふぐふ笑いながらやってやるぞと期待に胸を膨らませる段階も楽しみのうちで、それでついに食べるところまで辿り着いたからこその喜びがあるのだ。高校生だからケーキくらいで達成感があったが、いまならレンタカーを手配して自分で運転して温泉1泊マッサージ付くらいのサイズ感だろうか。

面倒臭いことを嬉々としてやっている人は、そういう快楽を求めているのである。他人には理解できなくてもいいのだ。本人が気持ちよければそれでいい。

那須どうぶつ王国は激混みだった

4連休は休めたので久しぶりに動物園へ行った。コロナの影響で那須塩原からのシャトルバスは運休ということだったので、駅前レンタカーを借りて行ったんである。ナビは熊。しかしこの4連休は屋外施設はどこも激混みだったらしいが、どうぶつ王国もご多分に漏れずだいぶ手前から駐車場入場渋滞になっていた。なんとなく渋滞に並ぶのが嫌だったので那須高原の方をぐるっと回ることにして、熊のナビで山道に入った。途中、「ぐるっと回って~」と腕を振り回しダッシュボードにガツンを手をぶつけたりとか「あ、次は‥‥まだ言わない方がい‥‥ああ~通り過ぎちゃった」とか訳の分からない水先案内が続いたが、そのたびに「ぁあん?!」と恫喝しながらなんとかかんとか動物園へ辿り着いた。駐車場はいっぱいになっているところを見たことがないくらい広いので、最後の方ではあったけども停められた。

f:id:paseyo:20200923114146j:plain

まずはカピバラである。 

f:id:paseyo:20200923115547j:plain

マーラもいるよ。

f:id:paseyo:20200923115543j:plain

お風呂は触ってみたら水だった。この日は涼しかったので、カピバラはだいたい陸上にいた。

f:id:paseyo:20200923114115j:plain

しかしデカいな、キミ。

次のお目当てはマヌルネコ。前回来たときは雨で寒くて壁の凹みから一歩も動かなかったのだが、どうだろう。

f:id:paseyo:20200923114128j:plain

マヌルが動いてる!

f:id:paseyo:20200923114132j:plain

歩いてる!

f:id:paseyo:20200923114137j:plain

近くまで来た!

f:id:paseyo:20200923114124j:plain

木の上に登ってる!

f:id:paseyo:20200923114141j:plain

ニャー。この日は2頭展示であった。

f:id:paseyo:20200923114150j:plain

 レストランもショップも激混みで屋台も長蛇の列でなにも食べられず、着いた時点でスナネコの赤ちゃん観覧整理券は終わっていたけど、カピバラマヌルネコが見られたので満足である。またね。

www.nasu-oukoku.com