冷蔵庫を買った

夏前くらいから前から冷蔵庫の音がうるさくなってきたのには気づいてはいた。そうでなくとも15年前の引っ越し以来コンプレッサーの止まる音がスココーン!と響き渡ってやかましい冷蔵庫ではあった。こういう家電が引っ越しに弱いというのはよくある話なので嬉しくはないが仕方ないと納得はしていたものの、うるさいことには変わりなかった。それがある日仕事から帰ったら、更に重低音が響くようになっていたのである。我慢して使っていたけど、よく考えたらいつの間にか15年以上か。さすがに寿命だわな。今まではうるさくとも冷える機能に問題はなかったが、こうなってはいつ止まるかわからない。引っ越す予定があるのでできればそこまで引っ張りたかったが仕方ない。

前のはシャープの225Lのやつ。今度はランクアップして東芝356Lである。本当は店頭で気に入ったのが326Lのやつだったのだが、どうやら売り切り終了の機種だったらしくもう在庫がなかった。後継機種はひと回り大きくなってしまったのでサイズのチェックが甘く、現在の住居には搬入経路に低い梁が出ている箇所があるのだが、そこのクリアランスが13mmというかなりギリギリな勝負になってしまった。てか、最初は配送のおにーちゃんに「入りません」と言われたのでスケールを持ち出して実測してみせて「イケルイケル!」と強引に入れてもらうという一幕があったのだった。調整足をひっこめて毛布に乗せて滑らせてたよ。ギリギリすぎで正直スマンかった。

そうして設置してみたら笑っちゃうくらいデカい。そりゃファミリー向けはもっと大きいんだろうが、ワンルームの部屋にこれはないってくらいにはサイズ感がおかしい。そのうちもう少し広い部屋に引っ越すつもりではあるし、どうせすぐ慣れる。あ、色は黒っぽいのにしてみたよ。それにしても冷蔵庫が静かなのはいいなー!

四角い容器を冷凍庫から出してチンすると食べられるようになる冷凍弁当は結構SFチックだと思う

現場なので土曜は普通に出勤である。週休二日制が始まったのは、ところによりだいぶ幅があるがイメージ的には平成になったあたりからなんじゃないだろうか。してみると土曜が半ドンですらない工事現場は昭和でも戦後寄りである。週休2日になりにくい構造的な問題は確かにあるのだが、コロナ騒ぎで世の中の「どうせ変わらないだろうな~」と諦めていた諸々がコロッと変わったのを見るにつけ、3~40年そのまんまってのは変える気がないんだよな。実際、コロナ騒ぎでも変わらなかったし。
休みが少ないのもあるし仕事は膨大な細かいことの積み重ねだし、如何にひとつひとつとりこぼさずに解決していくかが質に影響するもんで、キャパオーバーになってきたのか最近うっかりが多い。一番最近では事務所のドアストッパーを思いっきり蹴った。右足の中指がゴキッといった。中指は真っ黒になったがたぶん骨は折れていない。たぶん。あんまり引きが強いので宝くじを買ってみた。
忙しくなると悩むのが食事である。冷凍野菜、冷凍の肉魚、加工肉、冷凍パスタ、イケてる冷凍弁当、たまにミールキットで凌いでいるが、特に残業で遅くなった時用に完全食なるものを試してみた。

BASE FOODの麵のやつである。

f:id:paseyo:20210904171358j:plain

 

f:id:paseyo:20210904171336j:plain

Amazonのレビューでみんなが蕎麦だといっているのでめんつゆで食べてみたが、まずくはないがうまくもない。蕎麦ではないが蕎麦っぽい雑味があってゴソゴソしていてお腹にたまる。あっさり醤油のラーメンスープでもいいんじゃないかな。毎日はアレだがたまになら大丈夫そうだ。次はブレッドタイプを試してみよう。

ワクチン1回目

下書きを保存したつもりがタイトルだけ残って内容が全部なくなっていた。ふたつとも同じようになっていたのだが、なにがあったのか。

職域接種で新型コロナワクチンの1回目を接種した。もう2週間も前になる。公だけでは加速できない接種スピードをリソースを民に振り分けることで打開しようとしてるんだなと解釈し、よしきた、任せろ! とさっさと予約したのである。同時に2回目の予約も済ませるシステムだったので、お盆過ぎにはワクワクチンチン完了の予定である。δ株の蔓延には微妙に間に合ってないが、打たないよりはマシだろう。それにしてもワクチンを2回接種完了することを「ワクワクチンチン」だの「フルチン」だの呼称する*1私のTLはおかしいのだろうか。でも嫌いじゃないぜ、そのノリ。

心配していた副反応も1回目ということもあり、注射を射った肩は2~3日痛かったものの、他は少し眩暈がして怠くなったくらいで副反応というほどのこともなかった。現場要員のみんなで日にちをずらして交代で受けたため仕事上の庇い合いもスムーズで、そういう意味では職域接種というのは悪くないかもしれないな。

最近覚えた声に出して言いたい日本語に「歯形だけは残す」というのがある。まあ理不尽な世で生きることは闘いなわけだが、会社なり上司なり上のほうの権力から厭な目に遭わされる場合に、意見が通らなくとも文句だけは言う・負けても噛みつくだけは噛みつくという意味である。ドラゴンには敵わないかもしれないが、噛みついておけば次は相手も躊躇するかもしれない。といってもやりすぎると冷遇されたりトバされたりするかもしれないので、そこは読んでゲリラ戦は上手くやれとしかいいようがないのだが。

なんだろう、証拠を残しておくとか言質を取られないとかいちいち言い返しておくとか、私はもうそういうのが習い性になってて普通にやってるんだがそれは職場がオラオラ系の鉄火場だからなのか。twitterをみてるとみんなお行儀いいなーと思う。あれ、ひょっとしてうちんとこ、治安悪すぎ‥‥?

ええと、オリンピックはなんかやってるらしいね。首都高も一部通行止めになってる箇所があるし、影響といえばそれくらいかな。テレビをつければうるさいくらいやってるんだろうけど、持ってないんで気分的にも遠い出来事である。仕事忙しいし。開会式だけは社会人の嗜みとして後から配信で2倍速で流し見した。ああ、うん。という感想だけど、感想が言えればヨシ!(言えてない)

*1:正しくは2回目接種時点で「ワクワクチンチン」、2回目から2週間たって抗体ができた状態を「フルチン」というそうです。いうそうですって、誰がどこで。

近況

ネット環境が微妙である。もうちょっとで改善する予定なのである。
仕事は常駐現場へ引っ越して、来年6月まで1年間の新築現場が始まっている。
身体のほうはだいぶ元気になってきていて、コッコアポの赤いやつを飲んでいる。中身は防風通聖散。それで気が下りたら目の疲れが酷いことになっていて、眼精疲労のツボに置き鍼を貼ったらゴゴッっと肩の関節が動いた。なんだか真の原因が見えてきた気がする。そもそもは仕事のし過ぎで眼精疲労と歩き疲れ、そして肉体労働で肩をいわしたんだろう。うん、知ってた。相変わらず右肩が痛いので、置き鍼をいくつも貼って何とかならないものかと試行錯誤しているのだが、こっちはなかなかうまく効かない。
元気になってきたので積み立てを始めたり美容院へ行ったり、放置していた諸々を少しずつ片付けている。部屋の模様替えは別の要因が出てきたので一時停止中である。一時は本気で仕事と寝る以外のことをしていなかったので、使っているクレカやポイントカード関係のネット登録すらしておらず、いながらにして浦島太郎状態である。今どきは交通ICカードも登録してポイントもらう世の中なのだな。そんで資産管理アプリと連携すれば、パパっと勝手にまとめてくれる。便利なものである。凄いもんだのぅ、爺さんや。
最近は工事現場も電子化が進んでいる。小さめのタブレットに図面のPDFを詰め込んで、その場で画面に手描きでメモを取る。タブレットで写真や動画を撮影し、クラウドで共有。ガテンはなにげに工学系なので割とみんな普通に使いこなす。数年前からタブレットが普及しはじめて、あっという間に当たり前になりつつある。CADもバリバリ3Dを切りまくってぐるんぐるん回して確認する。眼精疲労が加速する。
そんなわけで、目と肩と脚以外はだいたい元気に生きている。

シケた日常

最近気づいたんだが、ちょっと運動や筋トレを始めるとすぐに口唇ヘルペスが出る。運動したくないィィ!! と身体が声を大にして主張しているようである。あー、なるほど。はいはい。というわけで、八味地黄丸を飲み始めたらヘルペスが大人しくなってきた。

八味地黄丸。ドラッグストアに行くとパッケージに「オシッコに時間がかかる/夜中にトイレに起きるなど」と大書してあるので前立腺肥大用のようで若干買いにくいのだが、ざっくりいうと中年期以降の滋養強壮薬らしい。明確な効能を詠わなくてはならないとか薬事法でいろいろあるんだろうが、漢方というのはこういうところがある。調べてみると、なんでも生来の体力を使い果たしたような状態にいいとか。ほうほう。いわゆる地黄丸系ですな。私の腰痛にはこれが効くようなので、地黄丸の中でもどれが一番いいか順次飲み比べてみようか。現場も始まるし、夏に向けて体質に合う滋養強壮薬を準備しておきたい。あ、乙字湯はなんとなく効いたのでもう飲んでいない。

仕事は土日工事が割り込んできて、ここのところ週1休みになっている。それでも割と平気なので、ずいぶん元気になったものである。

模様替えはさっぱり進んでいないが、脳内では大詰めを迎えて煮詰まっている。なんかもう考えるの疲れたな。別の要素も加わって空中分解しそうである。いっそ、イチから一気にやり直すか。どうせなら音がうるさくなってきた冷蔵庫も買い換えたいしな。

たまにプランクでもしておくか

そろそろ仕事で1年物の物件に入るので、生活を現場仕様へ切り替えなければならない。リハビリのように細かい現場仕事でしばらくぶりに1日中現場で過ごしたら、足の裏の疲れが足の甲のほうまで突き抜けるように痛む。腰も痛い。もうおれはダメかもわからんね。設計や図面仕事で半年近く事務所に引きこもっていたら、確実に身体が鈍ってきている。え、コロナ? うちはコロナは関係ないねぇ。
体調は各種努力のおかげで去年よりはマシになっている、と信じたい。といっても去年の今頃は微熱と闘っていたので、あまり比較の対象にならない。まだまだ寝てばかりいるが、起きている時間の活動量と気分はかなり上向きになり、部屋がちょっとずつ片付いてきている。
漢方薬ついでに痔も治しておくかと乙字湯を投入したら、ぐぐっと腹回りのインナーマッスルに力が入るような感触があって、漢方薬というのは面白いものだな。薬効としては下の方でうっ血しているのを散らして、下がった気を持ち上げ、内臓の位置を正す働きがあるのだそうな。なるほどなぁ、腹を引っ込めるように力を入れたほうが内臓下垂対策になるのか。姿勢が悪くなるのは疲労のせいなのか疲れるのが姿勢のせいなのか、卵と鶏のようだが相関関係はありそうだ。こうして意識してみると、私はどうも座っているときに腹を膨らませる方向へ力を入れる癖があるようだ。逆だよ逆。1箱飲み切ったところで効果はあったようなので、あとは引っ込める腹筋に力を入れて背筋を伸ばして過ごそう。腰痛にも腹筋大事だしねぇ。