正月恒例:伊豆シャボでカピバラ(後篇)

伊豆シャボ公園の虹の広場である。この日は天気が良かったせいか、例年より人が多い気がした。

おたま兄と半年違いの三つ子(トマト・ポテト・ミント)のあんまり大きさが変わらなくなっていて、どれがどれやら判らない。とにかくマイペースさんはミントらしいので、手前がミントかなぁ?

去年はこれくらい違ったので判りやすかった。

部屋の中に入りたいケビン父さん。

ここに美味しげなものがあることを知っている。

しかし飼育員さんに小松菜で外へ誘導され、まんまと引っかかる。

閉め出されてもやっぱり部屋の中に入りたい。

中カピが脱走し損ねて飼育員さんに怒られたけど貰った青草は食べるという複雑な表情の1枚。みんなに写真を撮られていた。

そのころのにんじんちゃん。鉄柵扉の内側にいた。今度のチビは2頭のようだ。

飼育員さんの持つ青草に惹かれて立ち上ったにんじんちゃんは相変わらず可愛い。

鉄格子の隙間からチビがちらっ。こっちの子は好奇心旺盛らしい。



カピバラ植木鉢があったので買ってきた。なんか小物入れ的に使おう。