春来たる

急激に春である。
学校施設に仕事で行くと、はらはらと花弁が舞い散る中での作業になる。何故か学校にはほぼ例外なく桜が植わっているものなのである。場合によっては種類の違う桜の木が並べてあったりして、それぞれ花色の濃淡や若葉の萌え方が違ったりして、この季節は目に楽しい。
最近はtwitterで流れてきた『ギャバがいい』という噂に飛びついてダイソーの100円ギャバを飲んでいたら、私の頭の中まで春になりつつある。これ効くなぁ。緊張が解けなくなってガチガチになっていた心身がリラックスしてパヤパヤしてくる。ギャバがどうしてストレスに効くのか調べてみたら、思いのほか面白かった。
ギャバはγ-アミ酪酸の略称で、天然アミノ酸のひとつである。生体内では抑制性の神経伝達物質となり、ドーパミンなどの興奮性の物質とは反対の働き方をする。ところが脳みそというのは体中でもダントツにガッチリ守られた臓器で、脳へいく血液の成分は血液脳関門という部分で制御されている。この関門でギャバは撥ねられるので口から摂取しても脳へ届くことはほぼない(少量は通過するという話もあるらしい)。それでどうしてギャバの錠剤を飲んでリラックスできるのかというと、腸にあるGABA受容体が刺激を受けるとその信号が中枢神経を伝って脳に届き、それを受けて脳内でのGABA産生能が上がるというのだ。ほほぅ、ここで脳腸相関か。脳は隔離されて守られてるけど、届けられる情報によって身体状態をモニターしてるんだな。身体が安心すれば脳も安心する。そうして間接的にスイッチを押してやることで効いてくるわけだ。ピタゴラスイッチ。(違
ところで昔からの癖みたいなものなのだが、こうふわふわと浮き足立ってくると私は何かしらポカをやらかして冷水に頭から突っ込んでいくのが常なのだ。危ないなーと思っていた矢先に、間違えて1時間早く出社した。電車がやけに空いてるなと訝しく思ったものの、早出していた上司に突っ込まれるまで勘違いに気づかなかった。わあ、ビックリ。認識してない・出来てないことが浮き彫りになると、自分の頭が不安になる。もともとが数字に弱いので、ちょっと揺さぶられると時計の読み方から怪しくなるのか。うわぁ。しかしこれくらいのポカで済んでよかったんだろうな。本人は割とショックだが、対外的には1時間早く出社したところで何の問題もない。これで厄もおちたということで、桑原桑原。